記事一覧
高血圧が原因で発生する合併症について

高血圧とは血圧が高くなる位にしか思っていない方も多いです。高血圧単体ですと自覚症状も薄く、特に生活に困る事はありません。しかし恐ろしいのは高

2019年09月11日
高血圧の予防は食事と運動がポイント

生活習慣病の一つである高血圧を改善するためには、やはり生活習慣を見直すことが重要です。その中でも食生活の見直しと運動が治療の土台となります。

2019年08月15日
高血圧治療薬のメインテートを紹介

突然に心臓の動きが不規則になってしまい、脈が乱れて苦痛を感じる事が多い人に最適なのが、メインメートという高血圧治療に使われるβ遮断薬です。カ

2019年07月28日
高血圧治療薬のミカルディスを紹介

高血圧治療薬ミカルディスはARBとも略されるアンジオテンシンII受容体拮抗薬というグループに属しています。RAA系と呼ばれる体内の血圧上昇システムの働きを途中で阻害することで降圧効果をもたらします。ミカルディスの有効成分テルミサルタンはRAA系が作用する過程で、血圧を上げるアンジオテンシンIIという

2019年07月08日
高血圧治療薬のアダラートを紹介

高血圧治療薬のアダラートはカルシウム拮抗薬というグループに属する降圧剤です。有効成分ニフェジピンが血管平滑筋にあるカルシウムチャネルをブロックし、血管を収縮させるカルシウムイオンの流入を阻止して血管を広げて血圧上昇を防ぎます。アダラートは1976年に発売された初期タイプから改良を重ね、アダラートL錠

2019年06月21日
高血圧治療にはノルバスクが多く使われる

高血圧治療薬の中でも特に代表的な降圧剤として知られるノルバスク。有効成分アムロジピンベシル酸塩の働きで血管を収縮させるカルシウムイオンが血管壁に流入する前に阻害して血管を拡張し血圧を下げます。ノルバスクと同様のメカニズムで血圧を下げる降圧剤はカルシウム拮抗薬というグループです。優れた降圧効果と副作用

2019年06月06日
高血圧の原因と治療薬であるオルメテックの副作用

国内において「高血圧症」の有病者は4000万人を超えており、国民病ともいえるほど広まっている病気です。高血圧は程度が軽い場合には自覚できる症状がほとんどなく、有病者の多くが治療を受けず危険な状態にさらされていると考えられています。高血圧の状態はじわじわと血管を傷つけており、やがては「心筋梗塞、脳出血

2019年05月22日